ニュース

再生可能エネルギーを使用してマイニング

マイニングによる電力消費が国家の電力消費にも並び、環境破壊につながるのではないかと危惧されているのは今に始まったことではない。それらを改善するべく電力消費を抑え、効率よくマイニングするASICが開発したり、マイニングで生まれた熱を熱電力として利用したりなどの様々な取り組みが行われている。なかでも最近は再生可能エネルギーを使用してマイニングを行う業者も増えているようだ。

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が今月まとめた統計では17年末の再生エネの発電容量は16年比で8%伸びており、今後その動きが強まるとみられているため暗号通貨関連技術だけでなく再生可能エネルギーの開発も加速するとみられる。マイニングを極寒地域で行い、マイニング熱を暖房として使うことや、再生可能エネルギーの盛んな地域にマイニング施設を建てるなどの取り組みがなされ環境に配慮した行いと歓迎される、そういった業者が一極集中してしまうとその国が電力不足になる恐れがある、と懸念もされている。

とくにアイスランドでは電力のほぼ全てが水力発電と地熱発電でまかなわれている。そしてマイニング熱を制御しなくてもよい冷涼な気候、インターネット整備がなされている環境、マイニング業者からすれば最高の環境だ。そうしてマイニング業者が押し寄せた結果18年にマイニング施設の消費電力が家庭の消費電力を上回る見込みだという。できる限り自然に負担はかけたくないが、こうして一極集中してしまうとその国民が負担を受けてしまう。バランスの良い在り方が求められる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. LINE、Dapps制作に向け動き出す

  2. コインチェック、アフィリエイト緊急停止。警察捜査も。

  3. ナミビア共和国ではビットコインが違法

  4. GMO、仮想通貨のクラウドマイニングサービスの開始時期決定

  5. ビットコインは心理的節目1万ドル突破

  6. マウントゴックス、民事再生決定

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ