ニュース

ポルノハブでも暗号通貨決済導入

アダルトエンターテイメントのストリーミングサイト、ポルノハブは暗号通貨バージ(XVG)を決済手段として受け入れることを発表した。

XVGはBTCのネットワークと匿名性を保つためにトーアとI2Pネットワークを利用しており、匿名性だけでなくセキュリティ性も高くなっている。特にアダルトコンテンツでは匿名性というのは実用的な面でもあるように思われる。同社のコーリー・プライス氏は「アダルト業界だけでなく、暗号通貨業界にとっても素晴らしいニュースだ」と述べた。XVGを決済手段として導入するほかのアダルト産業にポルノグラフィック制作のブラザーズ、アダルトゲームサイトのナタクがあり、さらにアダルトエンターテイメントのプレイボーイでは独自のオンラインウォレットを立ち上げ、暗号通貨での支払いを受け付ける計画を発表した。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 昨日(9/14)のニュースまとめ

  2. SNS大手の暗号通貨広告禁止に対する訴訟

  3. メルシュECB理事、仮想通貨リスクに厳重な監視を要請

  4. Ripple社のロックアップに関する指摘[仕組みに対する誤解?]

  5. 仮想通貨を資本の一部に組み込んだ共同出資会社が誕生

  6. 暗号通貨関連イベント、参加費の高騰

PAGE TOP

ニュース

昨日(5/21)のニュースまとめ

ニュース

情報商材で得た利益申告せず、3.3億の申告漏れ[暗号通貨を悪用]

ニュース

Ripple社のロックアップに関する指摘[仕組みに対する誤解?]

ニュース

ソラミツ株式会社のKYCシステム、BCA採用[情報の共有]

ニュース

USDC,アメリカドル担保に関する監査結果を公表[十分な準備金が存在]

ニュース

昨日(5/20)のニュースまとめ

ニュース

消費増税時のキャッシュレス決済還元政策実施に向けた準備

ニュース

ハードウェアウォレットLedgerの売上急増[取引所ハッキングを受け]