ニュース

ポルノハブでも暗号通貨決済導入

アダルトエンターテイメントのストリーミングサイト、ポルノハブは暗号通貨バージ(XVG)を決済手段として受け入れることを発表した。

XVGはBTCのネットワークと匿名性を保つためにトーアとI2Pネットワークを利用しており、匿名性だけでなくセキュリティ性も高くなっている。特にアダルトコンテンツでは匿名性というのは実用的な面でもあるように思われる。同社のコーリー・プライス氏は「アダルト業界だけでなく、暗号通貨業界にとっても素晴らしいニュースだ」と述べた。XVGを決済手段として導入するほかのアダルト産業にポルノグラフィック制作のブラザーズ、アダルトゲームサイトのナタクがあり、さらにアダルトエンターテイメントのプレイボーイでは独自のオンラインウォレットを立ち上げ、暗号通貨での支払いを受け付ける計画を発表した。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 米国内で映画鑑賞がビットコインで可能に

  2. パスポートキャピタルのバーバンク氏、日本のSBIホールディングスを推奨…

  3. 本当の分散型取引所は存在するのか

  4. 金融機関の新たな姿

  5. AMPLE!、ICO第1弾の『Premiumu Sale』で約1億円の…

  6. 新たなコールドストレージサービス開始か「ゴールドマネー」

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場