ニュース

ドイツICOで54億円調達後CEOが失踪

  • ICO

ドイツを拠点とするスタートアップ企業のセーブドロイドがICOと民間からの出資で5000万ドル(約53.7億円)を調達した後、行方がわからなくなった

創業者のヤシン・ハンキルCEOのTwitterにはエジプトとみられる場所から「みんなありがとう!通信終了…」と投稿されており、この失踪が意図的に行われたものだとわかる。通常のICOではBTCやETHしか認められないのに対し、このICOでは56種もの暗号通貨での参加が認められていたという。同社をよく知るドイツのフィンテック企業の創業者は「これは一種のPR方法かもしれない」と述べた。また、BTCの代替コイン、ビットコインワン(BTCONE)と名付けられたアカウントはTwitterにセーブロイドが詐欺だと判明した場合被害者に10万BTCONEを寄付するとの投稿を寄せている。YouTuberのテオ・グッドマンがセーブロイドの事務所とみられる部屋を動画撮影していたが、部屋は空となっており「本当に何も確認できない」と伝えた。さらにこのICOに関わっていた経営陣とやり取りできたテレグラムグループからはすべての経営陣が去り、5万人ものメンバーが登録されていた同グループは現在様々な詐欺グループやボットに乗っ取られているという。

「もしかしたらPRの一環」などとかばっている方もいるが、これがPRの一環なのだとしたら相当趣味の悪いものだ。経営者のTwitterはまだPRの一環としても考えられるが、ICOのテレグラムグループに詐欺グループやボットを入れている時点で陰湿なもので騙された人を嘲笑っているようにしか考えられないのだが、ただの冗談であることを祈る。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 日本仮想通貨事業者協会、法人名変更

  2. 金融の効率化、電子化への法規制見直し

  3. 各取引所が金融庁の登録を報告

  4. Zaif朝山社長、Twitterを鍵アカへ

  5. 浮遊島プロジェクト

  6. 大手仮想通貨取引所ビットトレックス、米国の制裁対象国・地域へのサービス…

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ