ニュース

ブロックチェーン技術がスイスの銀行に打撃を与える??

格付け会社のムーディーズ・インベスター・サービスは直近の報告の中でクロスボーダー取引の中でブロックチェーン技術が導入されるとスイス銀行業界にダメージを与える可能性があると指摘した。

スイスは暗号通貨やブロックチェーン技術、ICOなどを支援する取り組みが積極的なため暗号通貨国家と呼ばれることも少なくない。そんなスイスでなぜ、ブロックチェーン技術の導入により打撃を受けてしまうのか。その理由は銀行の収入減にある。スイスの銀行セクターの収入は手数料で半分も占めているのだ。つまりブロックチェーン技術の導入によりクロスボーダー取引が迅速に円滑に行われコストも低くなり、銀行の利便性と信頼を高める一方で、スイスの銀行はその効率性により手数料という収入を大幅に失うことになるのだ。

技術の進歩により取引が円滑に今までよりも便利になるのは好ましい。しかし、技術が進歩するということは今まで成り立っていた仕組みがうまく成り立たなくなるということでもある。もちろんこれは悪いことではないし、発展しより良くしていくうえで重要なことだと思われる。だからこそスイスの銀行やそのほかに取引の手数料で収益を得ているような機関がどう対応していくのか注目していきたい。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 「暗号通貨の未来を信じる人がいるなら適正に扱うべき」

  2. xVia(エックスヴィア)とは?

  3. フランス、経済政策でICO許可

  4. カナダの規制当局、ブロックチェーンETFを承認

  5. 新たに認可取引所誕生[フィリピン]

  6. Ripple社、xRapidと他のサービスとの差別化どう図る

PAGE TOP

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現