ニュース

日銀「中銀発行デジタル通貨の計画はない」

日本銀行の雨宮正佳副総裁は「中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)は現在の金融システムに大きな影響を及ぼす可能性がある」と指摘した。

日銀は欧州中央銀行(ECB)と共同でブロックチェーンの証券決済への適用可能性を研究する「ステラプロジェクト」を進めているが、「中央銀行がデジタル通貨を発行する計画は現時点ではない」とし、あくまで中央銀行は最善のインフラを提供するための取り組みを続けていくとした。雨宮氏は中央銀行がデジタル通貨を発行すると、個人や企業が中央銀行に直接口座を持つことになり、従来の「支払いサービス提供と供給、資金分配」を担う役割に大きな影響を及ぼす可能性があり、中央銀行が決済システムの安定を維持するための取引情報収集の在り方にも影響を及ぼすだろうとしている。この考えは国際通貨基金(IMF)の考えと共通しており、銀行はあくまでインフラ整備と消費者保護をおこない、暗号通貨業界の発展を促す立場だとしている。

たしかに、全ての管理を行っている中央銀行が業界に直接介入して消費者と取引するのは従来の中央銀行と消費者の関係ではない。しかし、デジタル通貨を中央集権のもとで管理し、リスクを減らしたいという考えも頷ける。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Purse.io、日本でのサービス拡充を計画

  2. ブロックチェーン技術は日本をどう変えるのか[業界の動き]

  3. 欧州も本人確認の義務付けに動く

  4. GMOコイン、いよいよ取引所サービス開始

  5. これからの活躍に期待高まるNEM[ベルギー・ベネズエラ]

  6. メルカリで「ハードウェアウォレット」出品禁止へ

PAGE TOP

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]