ニュース

IMF「各国中央銀行は暗号通貨に公平な規制を」

国際通貨基金(IMF)の専務理事であるLaggard氏は最近の中央銀行の暗号通貨に対する過度の対応に疑問を抱き、現実的脅威と杞憂を区別する必要性と公平な視点を持つ重要性を説いた。

同氏はIMFが暗号通貨の発展に貢献したいと考えていることも述べ、現在暗号通貨市場が急成長していることか不正使用や消費者を保護することが第1としながら、発展を促す必要もあると主張している。現在中央銀行は金融取引においてブロックチェーン技術のもたらす恩恵を認めていながら、把握できないほどのトークン・デジタル通貨が政府の管理下でないところで発展し、取引が行われていることについて危機感を抱いている。そのため、ブロックチェーン技術の開発は行っているものの、暗号通貨関連業者との取引を規制する動きが数多く見られる。中国やインドは特にその動きが強い。たしかに中欧銀行が危機感を抱くように、暗号通貨業界はここ数年で急成長を見せ、価格変動が大きいため利点も欠点も存在している。そういったことを踏まえIMFのLaggard氏は「消費者の金融知識の欠如に付けこむ行為への対策や経済危機のリスク対策は必要だが、デジタル分野の革命は研究・開発されそれらを促進させることでコストの効率化につながる。」として短期的な国際金融システムの脅威ではないが十分監視を行い、適切に体制を整えることが必要だと述べた。

IMFは今週、分散型台帳技術、ブロックチェーンの成功応用例、暗号通貨の機会とリスクに関する会議を行う。またワシントンで行われる春の年次総会には暗号通貨市場に対する議題も含まれている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 米イリノイ州、仮想通貨での税支払いを検討、アリゾナ州、ジョージア州に続…

  2. リップルラボ、米証券業界の重鎮をアドバイザーに指名

  3. 全面安をどう見る?ゴールドマンサックスの見解

  4. シンガポールは国を挙げて仮想通貨の研究

  5. 国内マネーロンダリング事情

  6. ライトコインキャッシュは市場に受け入れられるのか

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺