ニュース

クラーケン6月にサービス終了

2011年にサンフランシスコで創業し世界の取引高ランキングで10位の位置にあり、大手みなし業者であるクラーケンは2018年6月中旬に日本での売買取引を終了することを発表した。

クラーケンは2014年10月30日にBTC/JPYの取引を開始し、日本の暗号通貨取引所サービスを始めて以降、17種もののアルトコインを取り扱うコインの豊富な取引所として利用者の指示を得ていたが、「近年急激に拡大したグローバルな最適化を慎重に検討したうえでの判断」とし、サービス終了することとなった。またこのサービス終了はあくまで日本でのことであり、海外滞在者向けのサービスである海外版クラーケンは継続する。また、今回の判断であるように、業界全体の状況を把握したのち、将来日本に向けたサービスの再検討を発表している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. UBSとサンタンデール銀行、ブロックチェーンについて協議

  2. 銀行法改正で、アプリ送金が主流に

  3. リップルのウェブサイトがクラッシュ

  4. 韓国ICO禁止

  5. 元リップルCEO資産、マーク・ザッカーバーグ超え

  6. AIの時代のためのブロックチェーン技術

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?