ニュース

クラーケン6月にサービス終了

2011年にサンフランシスコで創業し世界の取引高ランキングで10位の位置にあり、大手みなし業者であるクラーケンは2018年6月中旬に日本での売買取引を終了することを発表した。

クラーケンは2014年10月30日にBTC/JPYの取引を開始し、日本の暗号通貨取引所サービスを始めて以降、17種もののアルトコインを取り扱うコインの豊富な取引所として利用者の指示を得ていたが、「近年急激に拡大したグローバルな最適化を慎重に検討したうえでの判断」とし、サービス終了することとなった。またこのサービス終了はあくまで日本でのことであり、海外滞在者向けのサービスである海外版クラーケンは継続する。また、今回の判断であるように、業界全体の状況を把握したのち、将来日本に向けたサービスの再検討を発表している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. マイニングマルウェアから身を守る!

  2. ビットコイン弱含む、国内大手仮想通貨取引所でハッキング被害との噂

  3. チリ共和国がR3へ参加

  4. 秘密鍵紛失で7,500BTCを失う

  5. ロシア債券取引にブロックチェーンを導入か

  6. スウェーデンのノルデア銀行従業員の仮想通貨取引禁止へ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]