ニュース

クラーケン6月にサービス終了

2011年にサンフランシスコで創業し世界の取引高ランキングで10位の位置にあり、大手みなし業者であるクラーケンは2018年6月中旬に日本での売買取引を終了することを発表した。

クラーケンは2014年10月30日にBTC/JPYの取引を開始し、日本の暗号通貨取引所サービスを始めて以降、17種もののアルトコインを取り扱うコインの豊富な取引所として利用者の指示を得ていたが、「近年急激に拡大したグローバルな最適化を慎重に検討したうえでの判断」とし、サービス終了することとなった。またこのサービス終了はあくまで日本でのことであり、海外滞在者向けのサービスである海外版クラーケンは継続する。また、今回の判断であるように、業界全体の状況を把握したのち、将来日本に向けたサービスの再検討を発表している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. タイの中央銀行は仮想通貨を取り扱わないように注意喚起

  2. 金融立国シンガポールの対応

  3. マネックス36億でコインチェック買収合意

  4. ビットコイン、インターネット初期よりも25%急成長中

  5. Facebookの仮想通貨関連広告禁止

  6. ETHの人気ゲームが資金調達に成功

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

モーニングスターで暗号通貨アプリリリース

ニュース

ケンブリッジ・アナティカが過去にICOを計画

ニュース

SBI、大手証券など35社がコンソーシアム発足

ニュース

ブロックチェーン技術がスイスの銀行に打撃を与える??

ニュース

韓国取引所インドネシアへ進出

ニュース

新しいBTC決済技術開発

ニュース

インドのICIC銀行250社にブロックチェーンプラットフォーム参加要求

ニュース

マイニング機窃盗犯脱獄