ニュース

マスターカードが偽造ID対抗にブロックチェーン技術

マスターカードは身元データ(ID)の保存と確認を行うブロックチェーンシステムの特許を申請した。

マスターカードは昨年11月に即時決済のブロックチェーン技術を申請しており、企業間決済を行うブロックチェーンシステムを昨年10月に発表し、さらに今月にはブロックチェーン技術専門家などを新たに採用する方針を示すなど、ブロックチェーン技術に対する取り組み積極的だ。同社がブロックチェーン技術や暗号通貨関連の特許を30件以上も申請いていることからもそれは明確だ。

今回の身元データ保存の技術はブロックチェーンシステム上で身元データを分散型にして保管することで不正使用を防ぎ、権限のあるノードだけがシステムデータを提出・更新できるシステムとなっており、公開型ではなく半非公開型のブロックチェーン技術となっている。また、マスターカードに承認されたノードでは、データファイル作成のため最低必要条件として各存在に公開鍵と位置情報の提供を求め、ブロックチェーンに追加された直近のブロックの記録とともに時間刻印されたブロックを生み出し、「改竄や改変に対して堅牢性を有するデータ記録の持続的に増殖するリストを維持」することができるという。

またこのマスターカードは「ブロックチェーン推進・反BTC」の姿勢を貫いており、同社CEOは「政府の裏付けもないアルトコインはがらくた」と批評しており、中央銀行発行のデジタル通貨のみを受け付けると強調している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ロシア法定、ビットコイン関連サイトの禁止を解除決定

  2. 国内取引所coincheck、成行注文のAPIを公開

  3. テックビューロのmijinとは

  4. マレーシア、暗号通貨規制導入

  5. 仮想通貨を資本の一部に組み込んだ共同出資会社が誕生

  6. AMPLE!、ICO第1弾の『Premiumu Sale』で約1億円の…

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ