ニュース

テックビューロ(Zaif)、OAuth認証機能での対策

Zaifでは16日からOAuth認証機能使用時のIPアドレスフィルタリング機能の使用が可能となった。第三者によるOAuth認証機能の不正利用を防ぐため、普段使用しているサーバーIPをあらかじめ登録しておくことで、それ以外のIPアドレスからのアクセスを拒否することが可能となった。また、サブネットも設定することができるため、利用可能なIPアドレスの幅を広げ、設定変更をする手間も省ける。

設定方法や詳しいことはこちら

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 第6回研究会では「交換業者」が焦点

  2. 韓国の仮想通貨規制に反対デモ

  3. 損益計算だけでなく確定申告もネットで完了‼

  4. キャッシュレス決済サービス[pring]

  5. コロンビア、暗号通貨・ブロックチェーンの成長促進狙う

  6. IBM、インドで開催されるブロックチェーンのイベントをスポンサー

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ