ニュース

チリで銀行が取引所の口座閉鎖

チリの暗号通貨取引所BUDA・ Orinox・ CryptoMarketの3社は、銀行が取引所の口座を閉鎖したことを受け裁判所に訴訟を申し立てた。

この処置に対してBUDAのギレルモ・トレアルバ共同創始者兼CEOは「暗号通貨業界全体を殺すものだ」と述べた。同取引所では口座が閉鎖されるまで1日約100万ドルの取引があったという。続けて同氏は「チリでは安全な業者を使って暗号通貨を売買することが不可能になり、個人が直接取引を行う5年前の状態に戻ってしまう」と嘆いた。また同国の暗号通貨コミュニティではTwitter上で取引所側を応援し、「世界では新しい技術を進めようとしているのに、チリはそれを後退させた」と今回の銀行側の行動を強く非難した。

しかし銀行側、チリ銀行協会に今回の暗号通貨業界に対する見解を明らかにするよう求めると、口座閉鎖の措置は「各銀行の排他的な権限」と主張し、協会側に銀行と暗号通貨取引所間の問題を解決する責任はないと述べた。

たしかに、暗号通貨に対する規制や取り組みが決まっていない状況かつ暗号通貨による被害が世間を賑わせているとなると、銀行側の暗号通貨に対する不信感も頷けるが、取引所という大きな仲介所をなくして個人間での取引しかできないようになってしまえば、そのほうが収拾もつかずに資金洗浄・脱税・テロ資金などの問題防止からは遠のいてしまうのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. マイニングによる消費電力を35%削減技術、特許申請

  2. ブロックチェーン技術がギャンブル業界を活性化

  3. ゴールドマンサックスの見解

  4. シンガポール、投資家保護に向けた仮想通貨の規制を検討

  5. 今注目のEOSとは

  6. 匿名通貨といえば

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?