ニュース

リトアニア、暗号通貨の官民合同会議

リトアニアの中央銀行である、リトアニア銀行は暗号通貨に関する調査を開始し、民間銀行や規制機関、暗号通貨投資家らとの対話を始め、財務省や金融犯罪捜査局、銀行部門の代表やICO関係者などを集め、暗号通貨の官民合同会議も開催した。

同行は昨年10月ICOや暗号通貨への立場を述べた文書を出しており、内容は金融市場参加者へは自身の行っている金融サービスに暗号通貨関連のものを取り入れないように注意を促すものと、暗号通貨をすでに扱っている顧客へ対する資金洗浄やテロ資金に対する危機管理を求めたものとなっていた。リトアニア銀行は暗号通貨関連業界人らとの対話が必要と考える一方で、暗号通貨が違法行為に使われていることやテロ資金防止・顧客保護は何よりも優先しなければならないことだとし、顧客が取引を行う際の資金の出所について把握しておく必要があると考えているようだ。銀行側は「暗号通貨市場参加者は資金の出所について明言できない場合があり、それは深刻な問題だが暗号通貨関係者はそのことを理解していない」としており、今後銀行と提携するにしてもしないにしても、そういった危機管理や顧客保護の観点の対話が必要だとみているようである。

また暗号通貨業界側も「銀行は暗号通貨ビジネスの本質を理解しておらず、資金や投資についての追加証明を求め、暗号通貨関連企業の口座開設を拒否している」と銀行との協力の難しさを口にした。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. OKコインが取引手数料の変更をキャンセル、コインデスクが報じる

  2. 国内取引所 GMOコイン

  3. 韓国、ハッキング被害の保険金支払われない問題

  4. BTCテクニカル講座 ~ラインの引き方~

  5. MUFG、数年内の実用化に向けリップル実証実験

  6. 疑わしい取引、去年のおよそ9倍に[警察庁公表]

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]