ニュース

スイスが規制拡大

いままで暗号通貨やICOなどに特に規制をかけず、大手取引所などが拠点とするなど暗号通貨の拠点となるのではないかと思われていたスイスだが、スタートアップICOの規制を設けたことでその立場を危うくしているようだ。

スイス当局はトークンをそれぞれ、決済手段を提供するトークン・アプリケーションまたはサービスへのアクセスを提供するユーティリティートークン・資産を表すアセットトークンの3種に定義し、それぞれに個別の規制を設けた。決済手段トークンには既存の資金洗浄法に従うことを、アセットトークンについては証券の法律、及び民事法に従うようにという規制を設けたのだ。

勿論、安全に信頼を得ながら暗号通貨やその関連業が成長するためには適切な規制が必要だ。しかし、細かでわかりにくい規制を設けていないからこそスイスという地がICOに向いていたというのも事実だ。この規制により、規制の少なさを求めてスイスへ移動していた企業は他の規制の少ない国に流れて行ってしまうのではないだろうか。Tesia SpaceX Skypeの早期投資者でありBTCの熱狂的な信者のTimDraper氏はこの状況を「世界有数のICO管轄国になる機会を逃してしまった」と嘆いているようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 中国の前頭取「ビットコインは潰せない」

  2. Ripple社、欧州市場の規制対策

  3. BTC財団創立者「BTCはバブルを終わらせる針」

  4. Bitfinexがアメリカ向けサービスを終了

  5. 商品・暗号通貨などに変えて不正送金

  6. 昨日(9/10)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]