ニュース

ついにAppleでもリップル採用

大手IT企業のApple社は自社のサービスApplePayにリップル社の製品であるILP(インターレジャープロトコル)の拡張機能を導入することを発表した。

ILPとは世界中にある異なる価値を高速で移動させ、異なるネットワークを持つ個人間の支払いに対応することができる。例えば取引所にあるXRPと銀行にある日本円では全く異なる口座と価値を持つが、これらの間でも円滑に直接取引することを可能とする仕組みである。

Apple社はApplePayのさらなる普及のため、このリップルのシステムへの搭載を決めたようである。この導入により、XRP保持者だけでなく、Apple製品の保持者もXRPを活用することとなり、リップルのこのILPは決済手段としての立場を確固たるものにしたも同然なのではないだろうか。

リップルは他社の投資もXRPで行っており、その額も膨大であるため企業間であってもApple利用者間でもその決済手段としての地位を確実にしていくのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 韓国、取引所12社へ契約内容改善の指示

  2. ゴールドマンサックスの舵取り

  3. フィリピン経済特区で暗号通貨関連企業25社にライセンス

  4. SBIがCoinDeskと提携

  5. 日本、世界最高の暗号通貨保有率

  6. 日本の森林をブロックチェーンで守る

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]