ニュース

1.9億円詐欺の指示役、逮捕か

虚偽の暗号通貨取引で1.9億円を騙し取られた事件で、警察は新たに会社役員の八木橋健太郎容疑者(32)ら5人を逮捕した。警察庁サイバー犯罪対策課などは既に逮捕しているグループの指示役としてみているが、八木橋容疑者はいずれも容疑を否認している。

事件の内容は暗号通貨を買い取ると偽り、都内の会社社長40代の男性に1.9億円相当のBTCを送信させ詐取し、そのBTCを自らのものと偽って横浜市の交換業者に買い取らせ、現金約1.7億を詐取した。

同課では既にホテルに居合わせたとされる男7人を詐欺容疑で逮捕しており、今回新たに逮捕した5人のうち八木橋容疑者を除く4人は交換業者から現金を受け取る役割だったとみられている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. DMMマイニングラボ

  2. SECとCFTC、6日上院証言で、連邦監督機関の設置要請へ

  3. 自分のコンテンツを守る富士通BSCの実証実験開始

  4. 仮想通貨関連法案FAQ

  5. FDICのベアー前総裁、仮想通貨を禁止すべきでない

  6. 好材料供給が止まらないXRP

PAGE TOP

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現