ニュース

マスターカードでブロックチェーン技術者募集

マスターカードはアイルランドのダブリンで新たに175人を採用すると発表した。特に同社はブロックチェーン技術の専門家を求めている。

アイルランドのビジネス・企業・イノベーション省のハンフリー大臣は同国が国際的なフィンテック企業や決済サービスを行う企業にとって魅力的な場所となるように国が政策を行うなど努力を続けてきたことを強調し、今回のマスターカードの動きを「私たちの政策が目に見える成果を出していることを示している」と喜びを露わにしていた。

マスターカードでは16年にクレジットカード決済にブロックチェーン技術を使う特許を出しており、今年3月には国が発行するデジタル通貨に関してもオープンであることを表明している。今回はその決済分野での開発を加速させるために、ソフトウエアエンジニアやデータサイエンティスト、情報セキュリティ専門家、ブロックチェーン技術の専門家と広範囲の専門家の採用を進める方針だ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 米金融会社USAA、ブロックチェーン技術の可能性に注目

  2. 北朝鮮のハッカーが大暴れ

  3. 昨日(8/28)のニュースまとめ

  4. アメリカ証券取引委員会は仮想通貨ファンドも調査へ

  5. MITメディアラボ「NYのビットライセンスには致命的な欠陥がある」

  6. 国税庁、確定申告促す環境整備

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]