ニュース

BNBのバーン、そろそろか

BinanceはBNBトークンのホワイトペーパー上で4半期ごとにBNBを自社で買い戻し、バーンを行うことを宣言しているが、4月にそのトークン3度目のバーンが実施される予定で、BNBトークンに注目が集まっている。

世界一の取引量を誇る取引所BinanceがERC20トークンの規格を利用して発行された通貨がBNBだ。ETHはそのイーサリアムのブロックチェーンから生み出された基軸の通貨であるが、ERC20とはイーサリアムのブロックチェーンから派生した新たなコインのことをさす。そのBNBはあらかじめバーンを行うと宣言されているため、この動きに連動して価格上昇が起きている。自社で買い戻しを行っていいるため買いの勢いが強く、現在BNB保持者もこれからの価格上昇を期待しているため売りも少なく価格が上がっている。バーンの実施日時は未だ確定していないが、過去二回のバーンは対象月の15日付近に行われていることからもうそろそろ実行されるのではないかと考えられる。

【補足】バーンとは開発者などが独占(保有)しているコインの大半を一気に消失させること。消失し、希少価値が高まることでコインの価値そのものが高くなる。Binanceでは現在発行しているトークンが半数になるまでこのバーンを行うとしている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 1週間(6/11~6/16)のニュースまとめ

  2. コインチェックの子会社か完了

  3. 今後のコインチェックの選択肢はいかに

  4. ゆうちょも!QRコード決済導入

  5. フィリピン政府、強い仮想通貨業界の規制へ

  6. アメリカ、物流にブロックチェーン特許

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]