ニュース

暗号通貨管理の究極法とは?!

オランダ人のMartijn Wismeijer氏は過去に80%ものBTCを失っており、そういったこと過去からNFCチップを両手に埋め込むことで、暗号通貨を安全に管理しようとしている。

同氏は過去にハッキングや取引所の破綻で自身の持つ大半のBTCを失っているため、今後そのようなことがないようにと2014年に暗号化されたBTCの鍵を格納するために2つのNFCチップを両手に埋め込む手術を受けたようだ。このチップは2㎜×12㎜のガラス製でそれぞれ888バイトのデータが格納されている。鍵はスマートフォンを利用してリモートで他の暗号通貨の鍵を削除、変えることができ、同氏の手をスキャンして鍵を読み取ることができなくしている。もちろん同氏は今迄のようなハッキングの経験から、その標的とならないようBTCの全てをチップに保管しているわけではない。

同氏はこのような暗号通貨の保管方法について「暗号通貨を手に埋め込むことは非接触支払いの最終到着地点であると思っている」と述べた。

【補足】NFCとは、非接触型の電子マネーで、無線で通信できるもの。Suicaやtasupoがそれに該当する。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 世界で暗号通貨業界健全化への動き

  2. UFJの仮想通貨信託、早ければ4月にも

  3. FSHO 金融庁から登録拒否される

  4. コインチェック、マネックスが買収か

  5. ブロックチェーン事業

  6. 薬局で暗号通貨決済導入

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?