ニュース

暗号通貨管理の究極法とは?!

オランダ人のMartijn Wismeijer氏は過去に80%ものBTCを失っており、そういったこと過去からNFCチップを両手に埋め込むことで、暗号通貨を安全に管理しようとしている。

同氏は過去にハッキングや取引所の破綻で自身の持つ大半のBTCを失っているため、今後そのようなことがないようにと2014年に暗号化されたBTCの鍵を格納するために2つのNFCチップを両手に埋め込む手術を受けたようだ。このチップは2㎜×12㎜のガラス製でそれぞれ888バイトのデータが格納されている。鍵はスマートフォンを利用してリモートで他の暗号通貨の鍵を削除、変えることができ、同氏の手をスキャンして鍵を読み取ることができなくしている。もちろん同氏は今迄のようなハッキングの経験から、その標的とならないようBTCの全てをチップに保管しているわけではない。

同氏はこのような暗号通貨の保管方法について「暗号通貨を手に埋め込むことは非接触支払いの最終到着地点であると思っている」と述べた。

【補足】NFCとは、非接触型の電子マネーで、無線で通信できるもの。Suicaやtasupoがそれに該当する。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ウォーレン・バフェット氏「ビットコインは悪い結末を迎える」

  2. Lightning Labs、250万ドル資金調達、投資家はツィッター…

  3. BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

  4. ロシアの銀行がスイスで取引所開設へ

  5. 韓国、これからの産業をけん引していく存在となるか

  6. FinTechが貧困を救う。発展途上国への普及にゲイツ財団が一役。

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]