ニュース

国内企業、スイスでのICO申請

情報転職サイトなどを運営するグローバルウェイは、スイスで現地法人を設立し暗号通貨技術を利用したICOを行うことを明らかにした。

同社が開発する個人の時間シェアサービス「タイムチケット」上で新たに発行する暗号通貨「タイムコイン」を活用したプラットフォームを開発する予定だ。このタイムチケットは個人の空き時間を30分単位で売買できるシェアリングサービスで、個人の時間が商品「チケット」として売買されており、現在の利用者は約10万人にも上る。

同社はスイス金融市場調査局(FINMA)にICO実施の認可申請が許可されれば国外で実施し、最大40億円の調達を目標としている。また、同社は日本での暗号通貨交換登録業者の申請手続きもしており、将来的には日本居住者でも国内の取引所を通じてタイムコインを購入できるようにする予定だ。現段階ではICOは国外で行い、日本居住者向けにタイムコインの販売は行わない方針だ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

  2. 日本金融機関、スマホサービスも活発に[競争激化で変化]

  3. ボスティック米アトランタ連銀総裁「仮想通貨は投機的な資産だ

  4. 日本のICO,現在の状況

  5. ノルウェーでも、デジタル通貨開発検討

  6. NY証券取引所の代表、ビットコインの可能性について語る

PAGE TOP

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]