ニュース

個人間取引に最適なブロックチェーン技術

日本を代表するユニコーン企業メルカリでも、個人間取引との相性の良いブロックチェーン技術の研究に力を入れている。

ブロックチェーンは複数のコンピュータ上に記録した情報を相互に監視し、新しい情報を鎖のように以前の情報を引き継ぎながらつなげていく情報記録・管理の技術であるため、一部で記録を不正に書き換えられても、他にあるコンピュータ上の記録と照らし合わせ不正を見つけるため、事実上改竄不可な仕組みとなっている。しかし、これを行うには同時に複数のコンピュータに情報を書き込む必要があるため、実際にメルカリで導入しようにも基幹システムでの処理能力が拡張できないと情報が流れない。ブロックチェーンを導入しようにも、それを使いこなすための基盤が必要となるのだ。

ブロックチェーン技術の有力プラットフォームのイーサリアムは処理能力の拡張性を高める技術「プラズマ」を提案し、このような課題解決に注力している。しかし、ブロックチェーンという名だけ聞いたことのある人にとっては「暗号通貨の技術」という認識が強く、ブロックチェーン技術そのものに対する信頼が薄く、また理解も十分でないことから企業が実際に導入していくのはまだ先になりそうである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 行政の記録保管にブロックチェーン技術使用

  2. テックビューロ、仮想通貨やトークンの発行支援サービス「Zaica」を開…

  3. ドイツ・フランスG20で仮想通貨規制案提出

  4. 仮想通貨活用の危険性

  5. 金融庁、暗号通貨業界の対応強化へ

  6. BTG、Bittrexでの上場廃止

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]