ニュース

ノーベル経済学賞のシラー教授が暗号通貨について語る

ノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー教授は「BTCはバブルかもしれないが、それが破裂して永遠に消えてしまうわけではない」と述べた。

教授はこの暗号通貨の流行、バブルの一部は、人々が政府を信頼できなくなっていることが暗号通貨への投資を促しており、政治的なものでもあると考えているようだ。また、教授は自身の学生も含め「頭のいい人々」が暗号通貨に投資していることを知っていることを強調し、BTCが注目されているのは、そう言った政治的なものや、心理学的なものが多く占めており、もともとのBTCが開発されたときの意図・目的などとはかけ離れた流行だという。

確かにBTCに限らずとも暗号通貨に投資している方は、ただ単に「儲ける」と考えて投資している方よりも、「銀行に預けていても利益は出ない」と日本の経済の低迷から、「暗号通貨のほうが利益は出るし、将来がある」と将来を考えて暗号通貨に託している方が多いのではないだろうか。そう言ったことを考えると、暗号通貨の仕組みや技術ももちろん人々を惹きつけるものなのだろうが、そういった心理状態も大きく関係しているようだ

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. シンガポール中銀、ブロックチェーン活用した決済に注力

  2. カナダのVersaBankがデジタルアセット専用の金庫

  3. 国際送金戦争勃発、国内メガバンクも相次ぎ参戦

  4. アメリカ証券取引委員会がICOを差し止め

  5. 通信事業者がブロックチェーンで管理

  6. QUOINE、海外子会社で大規模ICO

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

モーニングスターで暗号通貨アプリリリース

ニュース

ケンブリッジ・アナティカが過去にICOを計画

ニュース

SBI、大手証券など35社がコンソーシアム発足

ニュース

ブロックチェーン技術がスイスの銀行に打撃を与える??

ニュース

韓国取引所インドネシアへ進出

ニュース

新しいBTC決済技術開発

ニュース

インドのICIC銀行250社にブロックチェーンプラットフォーム参加要求

ニュース

マイニング機窃盗犯脱獄