ニュース

サンタンデール、ブロックチェーンを用いた外為サービス開始

スペインのサンタンデールグループは、同日の国際間の送金を可能にするブロックチェーンを用いた外国為替サービスを開始した。

サンタンデール One Pay FXと呼ばれる。リップルが開発したブロックチェーンを使用。銀行は現時点で、スペイン、英国、ブラジル、ポーランドの4カ国での使用が可能だが、今後数カ月で、一段と拡大していくとした。

リップルはサンタンデールを含む多数の銀行や金融機関とのパートナーシップを結んでいる。銀行は同社のディジタル通貨XRPを使用することには消極的。しかし、今年初め、送金会社のマネーグラムとウェスタンユニオンはXRP絡みのプロジェクトを発表している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 韓国、暗号資産課税枠組み・規制を発表

  2. 韓国大手取引所、詐欺の疑いで家宅捜索

  3. オランダ「厳しい規制は取引の規律を失う」

  4. KDDIがブロックチェーン導入テスト開始

  5. コンセンサスアルゴリズムの種類

  6. 米NYCプラザホテル、ICOも検討

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?