ニュース

サンタンデール、ブロックチェーンを用いた外為サービス開始

スペインのサンタンデールグループは、同日の国際間の送金を可能にするブロックチェーンを用いた外国為替サービスを開始した。

サンタンデール One Pay FXと呼ばれる。リップルが開発したブロックチェーンを使用。銀行は現時点で、スペイン、英国、ブラジル、ポーランドの4カ国での使用が可能だが、今後数カ月で、一段と拡大していくとした。

リップルはサンタンデールを含む多数の銀行や金融機関とのパートナーシップを結んでいる。銀行は同社のディジタル通貨XRPを使用することには消極的。しかし、今年初め、送金会社のマネーグラムとウェスタンユニオンはXRP絡みのプロジェクトを発表している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 価格急落、打撃を受けるマイニング企業

  2. 殺し屋への報酬は暗号通貨支払い

  3. Ripple社が金融機関向けにサービス提供する理由

  4. イーサリアム、またもやハードフォーク

  5. IMF専務理事が、仮想通貨の「ダークサイド」を批判

  6. 米下院、仮想通貨とICOに関する公聴会を開催へ

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]