ニュース

サンタンデール、ブロックチェーンを用いた外為サービス開始

スペインのサンタンデールグループは、同日の国際間の送金を可能にするブロックチェーンを用いた外国為替サービスを開始した。

サンタンデール One Pay FXと呼ばれる。リップルが開発したブロックチェーンを使用。銀行は現時点で、スペイン、英国、ブラジル、ポーランドの4カ国での使用が可能だが、今後数カ月で、一段と拡大していくとした。

リップルはサンタンデールを含む多数の銀行や金融機関とのパートナーシップを結んでいる。銀行は同社のディジタル通貨XRPを使用することには消極的。しかし、今年初め、送金会社のマネーグラムとウェスタンユニオンはXRP絡みのプロジェクトを発表している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. アンドロイド向けのアプリ初登場

  2. 加トロント証券取引所の親会社TMX、仮想通貨ブローカープラットフォーム…

  3. マレーシア中銀、投資家の誤解を招くICOに対して注意喚起

  4. ニューヨーク大学の学生がブロックチェーンを用いた投票システムを開発

  5. アメリカアトランタ連銀総裁、仮想通貨否定

  6. 国内初の暗号通貨窓口実店舗、オープン

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]