ニュース

ベトナム、規制強化か

暗号通貨及びその取引はベトナムでは既に禁止されているが、以前報じられたICOを通じた詐欺で約707億円もの被害が出たことを受け、同国のグエン・スアン・フック首相は13日発令の政府指令でBTCとその他の暗号通貨関連活動の管理を強化するよう行政や金融機関に要請した。

首相はベトナム国立銀行に対し暗号通貨関連の金融サービス全てを厳しく取り締まるように通達し、司法省に暗号通貨や暗号資産の管理に関わる法的枠組みを完成させるように要請した。政府は暗号通貨の投資や取引、ICOによる資金調達などより複雑に進化している状況を「金融面だけでなく国内の社会秩序にも危険をもたらしている」とし、暗号通貨やそれらを取り巻く環境について危惧しているようだ。

また、今回の詐欺は史上最大規模の暗号通貨詐欺となる可能性が高い。この詐欺事件そのものの内容については別の記事にて詳細を書いている。

 

707億円詐欺についてはこちら

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. HitBTCが金融庁の意向に従い、日本でのサービス停止

  2. Binance、法定通貨建て取引所を設立

  3. 「改竄」防止にブロックチェーン

  4. 英CMCマーケッツ、仮想通貨取引サービスの提供開始

  5. 大学はクリプトマイニングの温床

  6. 公文書館でブロックチェーンプロジェクト[イギリス]

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]