ニュース

みなし業者あらたに業務停止命令

金融庁は13日、みなし業者である暗号通貨取引所BMEXに対し、2か月間の業務停止命令を出した。

金融庁は同取引所に対し5日から立ち入り検査しており、その結果特定の大口取引先からの依頼を受け複数回にわたり利用者の資金を流用し、一時的に取引の資金繰りを肩代わりしていたことが判明した。また、財務基盤や収益構造に対するリスク分析も行っておらず、法令遵守や適性業務運営を行う経営態勢が整っていなかったことから、今回の処分に至った。

コインチェックでの事件以来、金融庁は検査を厳しくしており交換業の認可が下りるのが難しくなってきている。16社あるみなし業者のうち9社は行政処分が命じられており、さらに6社は登録申請を取り下げている。また、現在100社以上が交換業登録を待っている状況だ。となるとやはり、一から作って申請するよりも、登録事業やみなし業者を買収するか、出資して参入するほうが早く参入できるだろう。現在のみなし業者の状況は以下の表の通りとなっている。

登録状況 処分状況
皆のビットコイン
PaywargJapan
deBit
コインチェック 業務改善命令
LastRoots 業務改善命令
バイクリメンツ 業務改善命令
BMEX 業務停止命令
FSHO 業務停止命令(2回目)
エターナルリンク 業務停止命令
ブルードリームジャパン 業務停止命令
ビットステーション 取り下げ 業務停止命令
ミスターエクスチェンジ 取り下げ 業務改善命令
CAMPFIRE 取り下げ
東京ゲートウェイ 取り下げ
来夢 取り下げ
bitExpress 取り下げ

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. マイクロソフトがエクセル2016でビットコインをサポートへ

  2. XRPは有価証券になるのか

  3. ドイツ・ハノーファーにてビットコインで公共料金の支払いが可能に

  4. カブドットコム、ブロックチェーン利用の企業内コインを導入

  5. 1週間(2/11~2/17)のニュースまとめ

  6. 昨日(1/29)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(6/18)のニュースまとめ

ニュース

国内取引所BITPoint[取引所まとめ]

ニュース

韓国公正取引委員会、取引所利用規約に是正勧告[利用者資産の保護]

ニュース

Ripple社とMoneyGram、戦略的提携[xRapidの利用]

ニュース

Binance,BTC担保のコイン発行[DEXでの流動性向上]

ニュース

昨日(6/17)のニュースまとめ

ニュース

出金アドレスとは?[コインの森なんでも相談室]

ニュース

コインチェック事件、ロシア系ハッカー関与の可能性浮上[SumoLogic採用で監…