ニュース

中国で画像の財産権保護するプラットフォーム誕生

中国の大手インターネット検索サイトバイドゥ(百度)は11日に、ブロックチェーン技術をベースとした画像の財産権を保護するプラットフォームを立ち上げた。

トーテムと呼ばれるこのサービスではオリジナル画像に対してIDとその他ユーザーデータを時刻とともにその都度記録する。タイムスタンプを押された画像は追跡可能で改変不可能なブロックチェーンに記録される。さらに画像分析などができる同社のAI機能を使い、画像ごとに異なるタグを作成しブロックチェーンによって追跡、複製、監視されるため著作権侵害の申し立てに対し、実証あるいは反証することが可能となっている。

これにより、描いた絵を無断転送・無断利用、または勝手に商用化しているような犯罪者を一掃できるかもしれない。証拠が残るだけでなく、画像分析が可能だという点も素晴らしい技術だ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 相次ぐ暗号通貨業者の撤退

  2. 日本発の暗号通貨ウォレットGinco

  3. イスラム開発銀行、ブロックチェーンへの取り組み

  4. 【注意喚起】全銀協等を装う詐欺手口【金融庁が注意喚起】

  5. XRPで不動産取引!

  6. 次はイタリア「取引所から不正流出」200億円相当

PAGE TOP

ニュース

Ripple社、オーストラリア国立大学へ1億円もの寄付

ニュース

Zaifに送金したが反映されないし返金もされない[なんでも相談室]

ニュース

0.1ETHの送金に2,100ETHもの手数料[コミュニティのためか資金洗浄のた…

ニュース

OKEx、XRPとBCH上場[NEO・QTUM・XUCは上場廃止]

ニュース

Euro Exim Bank、既にxRapidを利用した国際送金サービス提供

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!