ニュース

バイナンスに続きOKExも本拠をマルタへ

世界最大取引所の1つOKExは12日マルタ共和国に拠点を設けると発表した。

OKExは現在トークン間取引と先物取引を100か国以上で提供しており、BTCの先物取引だけで1日に150億ドルもの取引が行われている。同社はマルタ政府や規制当局と会談し、法益側面や規制計画を検討したうえで拠点設置を決めた。同社CEOクリス・リー氏は「マルタ政府の考えは進んでいて、トレーダーや顧客の保護、資金洗浄法の遵守・本人認証の基準、ブロックチェーン技術へ対する継続的発展の重要性、それらにおいて同じ価値観を共有している」と述べた。

同国は10日に「欧州ブロックチェーン・パートナーシップ」に署名している。ブロックチェーンの技術発展に好ましい環境整備を進めているマルタには世界最大取引所のバイナンスも本拠を置くと発表しており、今後暗号通貨業界・ブロックチェーン開発において重要な立場となるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

 

関連記事

  1. Ripple社の技術を採用した送金アプリ[邦銀61行が参加]

  2. 新たなコールドストレージサービス開始か「ゴールドマネー」

  3. SAPはブロックチェーンに関する計画にメンバーを大幅追加

  4. シンガポール政府と銀行がブロックチェーンをテスト

  5. ホワイトリストの直近騰落状況

  6. スイス中銀、政府発行の暗号通貨に懸念

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]