ニュース

中国、ブロックチェーン会議を警察が閉鎖

  • ICO

中国で行われたブロックチェーン・カンファレンスが同国警察により、急遽中止された。

同イベントではICO詐欺の勧誘をしていたのではないかという疑惑が浮上していたが、主催者は否定している。上海グローバル・フィンテック&ブロックチェーン・中国サミット2018(GFBCS)主催者は今回の強制捜査理由はあくまで「セキュリティリスク」のみのようだ。しかしこのGFBCSにはICOを主催する匿名の人物がいて、このICOに参加した人の中には資金を失ったと主張する人もいる。その後一部の参加者が警察に通報したため、警察がイベント介入した。

主催側は「これは正式なイベントであり、内容に関し法的問題はない」と強調し、中止させられた内容に関してはイベントの残り日程を可能な限り組直し行うとした。規制が厳しくほぼ禁止されている中国で大胆にイベント中に詐欺を行うものがいたとしたなら、そうとうの手練れなのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 証券取引所、企業のICO可能に[ロシア]

  2. ジェネシスブロックとは[初心者向け]

  3. ニューヨーク州金融サービス局が不正を取り締まり!

  4. 韓国で暗号通貨取引所と提携する銀行3行の検査

  5. BTC詐欺師、アメリカへ送還

  6. ビットコイン取引所大手、相次いでNY州から転出

PAGE TOP

ニュース

CraigWright氏、BTCホワイトペーパーの著作権申請[BSVは急騰]

ニュース

暗号通貨に関する改正案、衆院通過[G20・対日審査]

ニュース

昨日(5/21)のニュースまとめ

ニュース

情報商材で得た利益申告せず、3.3億の申告漏れ[暗号通貨を悪用]

ニュース

Ripple社のロックアップに関する指摘[仕組みに対する誤解?]

ニュース

ソラミツ株式会社のKYCシステム、BCA採用[情報の共有]

ニュース

USDC,アメリカドル担保に関する監査結果を公表[十分な準備金が存在]

ニュース

昨日(5/20)のニュースまとめ