ニュース

22ヵ国が参加、欧州ブロックチェーン協定

4月10日、イギリス・フランス・ドイツなどの先進国をはじめヨーロッパ諸国22ヵ国が新団体「欧州ブロックチェーンパートナーシップ」に加盟した

この団体は技術や規制に関する専門知識を参加国同士で共有することでブロックチェーン技術に対する断片的な取り組みを防ぎ、ブロックチェーン活用を促進することを目的としている。将来的にすべての公共サービスはブロックチェーン技術を使用し、その技術の莫大な可能性を市民のよりよいサービスに落とし込み、豊かになることを目標としている。

欧州委員会(EC)では既に8000万ユーロ(約106億円)以上をブロックチェーン関連プロジェクトに投資していると明らかにしており、20年までにおよそ3億ユーロをブロックチェーンの開発に費やすとしている。またこの団体では開発、投資だけでなく規制面についても触れ、「EU法に完全に準拠し、技術開発に貢献する」と述べた。

参加国は以下

オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ共和国、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、イギリス

EUや欧州経済圏の他の国にも参加を呼び掛けているため今後、この団体は拡大していくとみられる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 1週間(7/23~7/29)のニュースまとめ

  2. 国内初、BaaS特化型情報サイト[BaaSinfo!]誕生

  3. フィンランドでブロックチェーンセミナーが開催される

  4. mijinで在宅勤務における問題解決へ[テックビューロ]

  5. ニュージーランドがICOに新たな見解

  6. ロシア債券取引にブロックチェーンを導入か

PAGE TOP

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース

ニュース

BSV、アップデート[Quasar]予定【ブロックサイズ128MBから2GBへ】…

ニュース

BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent]

ニュース

Fidelity子会社、信託業登録申請[大手金融企業の動き]

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ