ニュース

台湾が暗号通貨に反資金洗浄法

台湾政府は10日既存の資金洗浄規則を基に、暗号通貨規制を作ると発表した。急成長をみせる暗号通貨経済を統治する土台として従来の金融商品に適応されているものを利用して、新たに暗号通貨の仕組みも考えつくっていくために、業界の全体像を理解する目的で台湾の2つの取引所(BitoEX・MaiCoin)と面談したことを明らかにした。

以前4月3日に、台湾の中央銀行はBTC取引の不透明さや価格下落からBTC取引に反資金洗浄法によって規制することを推奨していた。

韓国でも資金洗浄を防ぐために本名での本人確認が義務付けられ、マレーシアでも暗号通貨取引所での活動に対し、本人確認基準が設けられている。一方で中国では暗号通貨取引所とICO参加は禁止されているが、今後関係官庁・法執行機関・研究機関との協議段階に入ると述べている。

台湾の資金洗浄法についての以前の記事はこちら

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 増加するXRPの取引可能ペア

  2. モネロ、手数料9割削減[ライトコインも次回アップデートで手数料削減]

  3. アメリカ証券取引委員会がICOを差し止め

  4. 橋下徹氏、「今ビットコイン買いに行ってる人はド阿呆」

  5. ドイツ証券取引所、暗号通貨取引アプリ

  6. アメリカ、仮想通貨で納税可能となるのか

PAGE TOP

ニュース

CraigWright氏、BTCホワイトペーパーの著作権申請[BSVは急騰]

ニュース

暗号通貨に関する改正案、衆院通過[G20・対日審査]

ニュース

昨日(5/21)のニュースまとめ

ニュース

情報商材で得た利益申告せず、3.3億の申告漏れ[暗号通貨を悪用]

ニュース

Ripple社のロックアップに関する指摘[仕組みに対する誤解?]

ニュース

ソラミツ株式会社のKYCシステム、BCA採用[情報の共有]

ニュース

USDC,アメリカドル担保に関する監査結果を公表[十分な準備金が存在]

ニュース

昨日(5/20)のニュースまとめ