ニュース

暗号通貨交換業者に新たな業務停止命令

金融庁は11日、改正資金決済法に基づき登録申請中の「みなし業者」、暗号通貨交換業者のブルードリームジャパンに6月10日までの営業停止命令を出した。同社は自身が発行する独自の暗号通貨について、同社の自己勘定と社長個人の売買で価格形成している事実を説明せず、市場価格であるかのように見せかけて売買の勧誘をしていた。

また自社発行の暗号通貨に関するセミナー勧誘を外部企業に委託していたが、詳細な勧誘状況を把握しておらず、資金洗浄対策やシステムの安全性対策も不十分だった。

暗号通貨交換業者に対する行政処分はこれで3回目の10社目となる。計16社あるうち業務改善命令や業務停止命令の行政処分を受けていたり、登録申請を取り下げる意向を示しているのは12社となる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. SETTLENETの実証実験に参加[ブロックチェーン]

  2. 昨日(10/16)のニュースまとめ

  3. マルタ、政府の暗号通貨の専門機関

  4. アメリカの格付機関が「テザー」の危険性を警告

  5. オウケイウェイヴ、電子投票[BCvote]での実証実験へ

  6. 日本国内の暗号通貨課税状況

PAGE TOP

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開

ニュース

BitClub、詐欺で逮捕

ニュース

竹田泰氏、ステーブルコイン[xcoin]発行計画[プライベートチェーンでの発行]…

ニュース

取引所HuobiでBTC還元キャンペーン

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

1週間(12/3~12/10)のニュースまとめ

ニュース

関西電力・日本ユニシス、共同研究[ブロックチェーン]