ニュース

ICOで1,820億円もの詐欺

  • ICO

月間利用者数2億人を誇るチャットアプリ、テレグラムは暗号通貨業界ではICOチームや投資家が集まりやすいため、直接的にやり取りするプラットフォームとして利用されている。そのテレグラムICO関連と思われていたプログラム、Telegram Open network limitedはテレグラムと何の関係もないと公式で否定された。

このプログラムはテレグラムICOのサイドプロジェクトに見えるようになっており、投資家にとって合法的なものだと思われていたが、4月6日のテレグラムの公式Twitterによって全くの関係ない詐欺だということが分かった。しかし、このプログラムには既に17億ドル(約1,820億円)もの巨額な投資がなされていた

昨今のICOブームで虚偽の企業へ投資してしまう人々が急増したため、ICOを危険視し禁止、もしくは規制対象としている国は多い。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 台湾でビットコイン保持が違法に

  2. 暗号通貨って消えるの?

  3. BTC小幅上昇、G20の声明待ちで小動き

  4. ビットコイン弱含む、国内大手仮想通貨取引所でハッキング被害との噂

  5. 麻生太郎財務相「規制すればいいというわけではない」

  6. bitFlyerの新上場銘柄は「LISK」

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?