ニュース

ICOで1,820億円もの詐欺

月間利用者数2億人を誇るチャットアプリ、テレグラムは暗号通貨業界ではICOチームや投資家が集まりやすいため、直接的にやり取りするプラットフォームとして利用されている。そのテレグラムICO関連と思われていたプログラム、Telegram Open network limitedはテレグラムと何の関係もないと公式で否定された。

このプログラムはテレグラムICOのサイドプロジェクトに見えるようになっており、投資家にとって合法的なものだと思われていたが、4月6日のテレグラムの公式Twitterによって全くの関係ない詐欺だということが分かった。しかし、このプログラムには既に17億ドル(約1,820億円)もの巨額な投資がなされていた

昨今のICOブームで虚偽の企業へ投資してしまう人々が急増したため、ICOを危険視し禁止、もしくは規制対象としている国は多い。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 英ヴァージン・マネー、ロイズなどに続きクレジットカードによる仮想通貨の…

  2. コインチェック「破産申請予定」と内部告発にユーザー混乱

  3. DAOがハッキングされ、イーサリアムの価値が暴落。

  4. ブロックチェーンハブ「COSMOS」が発表される

  5. 米アリゾナ州、ビットコインによる納税を検討

  6. Appleの共同創業者、全てのビットコインを売却

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

モーニングスターで暗号通貨アプリリリース

ニュース

ケンブリッジ・アナティカが過去にICOを計画

ニュース

SBI、大手証券など35社がコンソーシアム発足

ニュース

ブロックチェーン技術がスイスの銀行に打撃を与える??

ニュース

韓国取引所インドネシアへ進出

ニュース

新しいBTC決済技術開発

ニュース

インドのICIC銀行250社にブロックチェーンプラットフォーム参加要求

ニュース

マイニング機窃盗犯脱獄