ニュース

ICOで1,820億円もの詐欺

  • ICO

月間利用者数2億人を誇るチャットアプリ、テレグラムは暗号通貨業界ではICOチームや投資家が集まりやすいため、直接的にやり取りするプラットフォームとして利用されている。そのテレグラムICO関連と思われていたプログラム、Telegram Open network limitedはテレグラムと何の関係もないと公式で否定された。

このプログラムはテレグラムICOのサイドプロジェクトに見えるようになっており、投資家にとって合法的なものだと思われていたが、4月6日のテレグラムの公式Twitterによって全くの関係ない詐欺だということが分かった。しかし、このプログラムには既に17億ドル(約1,820億円)もの巨額な投資がなされていた

昨今のICOブームで虚偽の企業へ投資してしまう人々が急増したため、ICOを危険視し禁止、もしくは規制対象としている国は多い。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. サンフランシスコ連邦準備銀行総裁、暗号通貨否定

  2. QuoinexにXRP(リップル)が上場決定

  3. エンドトゥーエンドのマイクロペイメントが可能だと証明される

  4. ビットコイン価格の下落に影響を受けず、ハッシュレートは上昇

  5. カザフスタン、暗号資産への厳格規制に踏み切るか

  6. IBMと医療業界のブロックチェーンへの取り組み

PAGE TOP

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表

ニュース

取引所CoinField、XRP基軸市場に130種ものトークン追加発表

ニュース

イスラム法準拠の取引所Rainにリップル(Ripple/XRP)上場

ニュース

取引所OKEx、独自チェーン・DEXの計画発表[大手取引所によるDEX]

ニュース

取引所bitbank、BSVを日本円に換算して付与

ニュース

昨日(3/22)のニュースまとめ