ニュース

ICOで1,820億円もの詐欺

  • ICO

月間利用者数2億人を誇るチャットアプリ、テレグラムは暗号通貨業界ではICOチームや投資家が集まりやすいため、直接的にやり取りするプラットフォームとして利用されている。そのテレグラムICO関連と思われていたプログラム、Telegram Open network limitedはテレグラムと何の関係もないと公式で否定された。

このプログラムはテレグラムICOのサイドプロジェクトに見えるようになっており、投資家にとって合法的なものだと思われていたが、4月6日のテレグラムの公式Twitterによって全くの関係ない詐欺だということが分かった。しかし、このプログラムには既に17億ドル(約1,820億円)もの巨額な投資がなされていた

昨今のICOブームで虚偽の企業へ投資してしまう人々が急増したため、ICOを危険視し禁止、もしくは規制対象としている国は多い。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 独ビットワラ社が仮想通貨デビットカード発行へ

  2. ブロックチェーン技術がスイスの銀行に打撃を与える??

  3. NY証券取引所はETFに消極的か?

  4. 資産管理サービスでXRP等の扱い検討[Coinbase]

  5. アメリカ規制当局「暗号通貨は危険だ」

  6. 英政府、仮想通貨の潜在的リスクの研究へ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]