ニュース

Bitfinexが新たに12種のアルトコインの取り扱いを発表

今回新たに加わるトークンはすべてイーサリアム上のトークンとなっている。中でも注目されるのは1DAI=1USDのレートを可能な限り維持することを目指しているペッグ通貨、Daiの存在だ。BitfinexではすでにTetherのような主要なペッグ通貨が取り扱われているため、この新たな上場でペッグ通貨同士の直接的な競争が起こる注目されている。

またこの大規模な新規トークンの採用に関して「Bitfinex利用者のニーズや期待に応えるべく新たに上場することができてうれしい。今後もBitfinexのサービス拡大を通じて最適なものを採用し、この業界の成長に貢献する先進的な取引所であり続けようと考えている」と述べた。同社は先日話題になった麻薬取引による資金洗浄関与の疑いを正式に否定している。

新規に追加される通貨一覧 Aion (AION) lostoken (IOST) Request Network (REQ) Raiden Network (RDN) Loopring (LRC) Bnktothefuture Token (BFT) Cofound.it (CFI) Wax (WAX) Singularitynet (AGI) Medicalchain (MTN) Odem (ODEM) Dai (DAI)

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. カナダのVersaBankがデジタルアセット専用の金庫

  2. ブロックチェーン技術導入検討[タイ中銀]

  3. スクエアのドーシーCEO、BTCは10年後単一通貨に

  4. Apple社の規制に何故批判が集まらないのか

  5. 学習塾でビットコイン決済

  6. イタリアの規制状況

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か