ニュース

インドの規制に1.7万人が撤回運動

インドの中央銀行は5日に個人・法人との暗号取引禁止令を金融機関に発令したが、その撤回を求めて1.7万人の請願活動が行われている。インドでは暗号通貨関連で職を得ている人が多く、この禁止令が実行されればただでさえ失業率が高く問題となっているのに、より多くの人が職を失い事態は深刻化するだろう。そして全くの新しい事業である暗号通貨関連の職はインドの社会問題カースト制度を打破する存在として考えられているなど、同国での暗号通貨に対する期待する役割は大きい。

請願書では世界的なブロックチェーン開発の必然性・必要性を指摘し、他国との競争でこの点で後れを取ることのない競争力を維持することが必要だと訴えた。

またこのインドの規制について、同国のモディ首相の願いを受けて同国市場へ参入した投資家のティム・ドレイバー氏は「暗号通貨の有効性を否定したのは最も愚かなこと」と強く非難し、インドが暗号通貨を違法とみなした場合「世界各国がインドのブロックチェーン起業家を獲得しようとするだろう」と同国からの人材流失の可能性を危惧した。どの国もブロックチェーン技術には力を入れており、世界の企業でもその技術者の人材獲得競争が激化している中のこのインドからの追い出しのような措置は、同国の首を絞める行為になるのではないだろうか。

インドの禁止令についてはこちら

カースト制度解決についてはこちら

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. XRPの投げ銭、Siriで可能に[普及促進なるか]

  2. 【速報】中国で暗号通貨取引所が閉鎖か

  3. 昨日(3/9)のニュースまとめ

  4. EU,ブロックチェーン普及のための国際機関立ち上げ

  5. ベネズエラでBTCの需要高まる

  6. FX規制強化で暗号通貨へ投資家は流れるか

PAGE TOP

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース

ニュース

BSV、アップデート[Quasar]予定【ブロックサイズ128MBから2GBへ】…

ニュース

BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent]

ニュース

Fidelity子会社、信託業登録申請[大手金融企業の動き]

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ