ニュース

大学で暗号通貨・ブロックチェーンに関する学科が新たに開設

世界のトップMBAプログラムを提供するスタンフォード大学のビジネススクール、ペンシルベニア大学のウォートンスクール、ジョージタウン大学のMcDonoughビジネススクールは暗号通貨とブロックチェーンに関するクラスを新たに新設する。技術や導入方法がわかるものが多くなく、企業もそれに詳しいものを手に入れようと人材獲得競争が激化する中でのこのクラス新設となると入るための倍率もすごいことになりそうだ。

ペンシルベニア大学のウォートンスクールの教授であるKevin Werbach教授は「近い将来ビジネスでは本当の革命が起き、その5年後にこのようなクラスを提供していない大手ビジネススクールはなくなるだろう」と語った。

スタンフォード大学では16年から既にビットコインエンジニアリングコースという暗号通貨の技術や暗号通貨そのもの、ブロックチェーン、スマートコントラクトについて学ぶコースを開設している。こちらは暗号通貨の売買などの金融関連を学ぶのではなく、暗号通貨で何ができるのかを学ぶクラスとなっており、今回新たに開設されるクラストはまた別ものになる。技術革命といわれるブロックチェーンやその仕組み、暗号通貨について学びたいものは多くいるだろうし、このクラス新設は暗号通貨業界にも影響を与えるだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ドバイ、BTC取引詐欺で2億円強奪犯を逮捕

  2. LINE、QRコード決済だけでなく税金払いや投資も

  3. 日本3メガ銀、キャッシュレス5割超

  4. 「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

  5. アラブ首長国連邦、中東のマルタとなるか

  6. アメリカ、物流にブロックチェーン特許

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]