ニュース

スイス中銀、政府発行の暗号通貨に懸念

スイス国立銀行理事会のアンドレア・メクラー理事は「民間発行の暗号通貨は、中央銀行が発行する法定デジタル通貨(CBDC)よりも優位性がある」として、政府発行のCBDCに対して否定的な考えを述べた。先日中国、イギリスに続きインドが中央銀行によるCBDC発行の検討を正式に発表するなど、世界の動きとしては中央銀行のCBDC発行に積極的に取り組まれている印象だが、スイスでは違う考えのようだ。

同氏は暗号通貨の分散型台帳技術(DLT)の国際送金における透明性やコスト削減などの利点を認めたうえで、分散型暗号通貨は交換媒介、価値の長期保存、価値の物差しといった通貨の機能を持っていないという問題点を指摘し、政府が発行する必要がなく、むしろ金融安定を考えると計り知れないリスクをもたらす可能性があるとして、政府発行のCBDCを否定した。そもそも暗号通貨は非中央集権的で特定の団体、第3者からの影響を受けにくいという特性があるのだが、この中央銀行発行の法定デジタル通貨はどのような価値を持つのだろうか。確かにペーパーレスや取引速度など変わる点もあるだろうが、今回のようにどのような役割を与えられるのかと考え直すとあまり思いつかない。皆さんは政府発行のCBDCをどのように見ているのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. CFTC委員長、仮想通貨の熱烈な支持者ではないと確認、批判に対処

  2. イスラエル、分散型台帳技術に関する情報募集

  3. 日本のキャッシュレス決済の普及[スマホ決済サービス業者]

  4. 資金洗浄の疑いがある届出、過去最多[コンプライアンス意識の向上]

  5. アメリカで進む暗号通貨の再定義[SECとは異なる動き]

  6. 新たな暗号通貨団体設立、認定試験も

PAGE TOP

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ