ニュース

香港に拠点を持つBitfinexが詐欺に関与している疑いが浮上

Bitfinexに関与しているとされている口座から4億ユーロ(約526億円)が押収された。これはコロンビアの操作で、麻薬カルテルにつながるっており、麻薬取引で入手した法定通貨を暗号数化に変え、追跡を逃れているという可能性が高く、それに同社が関与しているのではないかということだ。押収された資金にはベルギー外務省がコンゴ民主共和国で大使館を建設する際に騙し取られた40万ユーロにも関連するとみられている。この報道に関して同社は公式に肯定も否定もしていない。疑いがかけられたというだけで、確定したものではないが同社と姉妹会社のテザー社をめぐる多くの問題もあるため、同社に対する審査の目は厳しくなりそうである。またBitfinexは世界第5位の大手暗号通貨取引所であるため、関与が証明された場合、影響を受ける利用者は多いだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Bitfinexがアメリカ向けサービスを終了

  2. コロンビアではビットコインは「違法」

  3. イラン非難の共同声明、アメリカは制裁強化[制裁回避]

  4. 中国企業レノボ 判別装置の特許申請

  5. ZenCash、51%攻撃を受ける

  6. 金融庁、注意喚起[前払式支払手段]

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]