ニュース

香港に拠点を持つBitfinexが詐欺に関与している疑いが浮上

Bitfinexに関与しているとされている口座から4億ユーロ(約526億円)が押収された。これはコロンビアの操作で、麻薬カルテルにつながるっており、麻薬取引で入手した法定通貨を暗号数化に変え、追跡を逃れているという可能性が高く、それに同社が関与しているのではないかということだ。押収された資金にはベルギー外務省がコンゴ民主共和国で大使館を建設する際に騙し取られた40万ユーロにも関連するとみられている。この報道に関して同社は公式に肯定も否定もしていない。疑いがかけられたというだけで、確定したものではないが同社と姉妹会社のテザー社をめぐる多くの問題もあるため、同社に対する審査の目は厳しくなりそうである。またBitfinexは世界第5位の大手暗号通貨取引所であるため、関与が証明された場合、影響を受ける利用者は多いだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. BCCCが電子トークン「ZEN」の社会実験を開始

  2. アンドロイド向けのアプリ初登場

  3. FTC、暗号通貨詐欺に関するイベント開催

  4. 昨日(01/01)のニュースまとめ

  5. SBI、大手証券など35社がコンソーシアム発足

  6. ロシアは7月までに新たな「仮想通貨規制法」施行

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ