ニュース

大物投資家ジョージ・ソロス氏、暗号通貨投資計画

80代の億万長者「イングランド銀行を破った男」ことジョージ・ソロン氏の暗号通貨投資の動向が話題となっている。ソロス氏は1月に「通貨とは安定した価値補完手段で1日に25%も変動するのは、通貨ではないし、暗号通貨は投機だ。」と暗号通貨には否定的で、昨年はBTCの批判をしていた。暗号通貨を「バブル」と否定はしていたものの、それらの価値がどのように変化していくのかについては言及しなかった。

今回はソロス氏の暗号通貨取引の参入が話題となっているが、同氏は昨年の第4四半期時点ですでに暗号通貨関連会社Overstock.comの株式を保有しており、現在第3筆頭株主となっているなど間接的な投資は行っていたようだ。しかし、本格介入となるとやはり彼の影響は計り知れない。彼の投資会社であるソロス・ファンド・マネジメントの資産の一部を暗号通貨業界への投資に運用するとみられているが、同社は260億ドル(約2.7兆円)もの資産を運用しており、一部を導入するとなっても相当な額となり、市場に大きな影響を与えることは間違いないだろう。イギリス政府とポンド相場をめぐる戦いで名を挙げた同氏の参入予想を受け、同氏によって「暗号通貨の市場操作が行われるのではないか」と言い、危険視する方もいた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ウクライナ政府、Bitfuryと提携、初のブロックチェーン電子政府計画…

  2. 昨日(7/13)のニュースまとめ

  3. カナダの大手ブロックチェーン企業、日本進出

  4. 損益計算だけでなく確定申告もネットで完了‼

  5. 仮想通貨の割安・割高ランキング

  6. UPSはブロックチェーンでペーパーレスへ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ