ニュース

FRB「暗号通貨の価格変動は脅威になり得ない」

連邦準備制度理事会(FRB)は暗号通貨の極度の価格変動を監視したうえで現在の暗号通貨はアメリカの財政安定に対して脅威ではない、と判断を下した。FRBの長官Brainard氏は最近の市場の下落は韓国のような大規模の市場で規制が行われた影響と考えており、この価格変動は各国の規制や暗号通貨への扱いがある程度定まるまで続くが、一時的なものと考えているため強気な姿勢は崩していない。

しかし同氏は4月3日にニューヨークでの演説で「暗号通貨のような価格変動の激しいもので短期的に利益を得るために投資するのは控えるべき」と投資者に注意を促し、暗号通貨に対しての禁止の姿勢はなくとも資金洗浄などの犯罪の可能性を考え支持することはないようだ。 また同氏は「個人投資者は他の投機市場と同様に投資の思わぬ損失について理解すべき」とし、流通が増えたからといって知識も身に着けづに暗号通貨への投資に手を出すのはやめるべきという考えを述べた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. JVCEAの自主規制[証拠金取引・アフィリエイト・苦情対応]

  2. EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

  3. FTC、暗号通貨詐欺に関するイベント開催

  4. 国内の大手企業とのサービス連携期待されるディーカレット

  5. リキッドグループ、ユニコーン企業に[証券業への参入]

  6. マレーシア中銀の新規制

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ