ニュース

リップルがアメリカ大手取引所へ上場手数料で提示

リップルがアメリカ2大暗号通貨取引所であるジェミニとコインベースに対し、各取引所への上場の為に対価を支払う提案をしていたことがわかった。リップルはアメリカトップの両社での上場ができておらず、そのために手数料や様々な条件を出しているがいまだ上場には至っていない。アメリカの法律事務所によれば既存の市場でも上場に際しての手数料を支払うケースがあったことから、暗号通貨市場でも同様のことは合法であるという。しかしアメリカ当局は未認可の取引所に対し有価証券とみなされうるトークンを上場させないようにと警告を出しており、そうした政府の動きからもリップルの上場は難しくなっているのかもしれない。

リップルがこのように拘るのは、規制の厳しいアメリカ取引所で上場されることでBTCのような銘柄に対しても匹敵するXRP地位をより強固にするためだろう。しかし、様々な銀行と提携し異国間の送金をより早くより安全に行うことを可能にしたXRPであるからこそ、有価証券という分別がなされ既存の株式市場規制の管理下に置かれる可能性もある。XRPがより使いやすく発展し価値が高まるほど有価証券とみなされる可能性も高くなるのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. マレーシア、暗号通貨規制導入

  2. 住友商事、P2P取引へ参画【ブロックチェーン技術】

  3. アメリカ医療保険最大手でブロックチェーン導入の試み

  4. イラン、マイニング登録厳格に[毎年更新]

  5. EU副委員長「仮想通貨が悪用されない措置が必要」

  6. 【注意喚起】全銀協等を装う詐欺手口【金融庁が注意喚起】

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ