ニュース

マネックス36億でコインチェック買収合意

日本最大手取引所のコインチェックはマネックスグループからの出資を受け入れる方針を固めた。16日付けで全株を取得、買収額は36億円となる。以前から成長分野として目をつけていたマネックスグループは今回の買収で暗号通貨業界への本格参入となる。金融庁から再三の業務改善命令が下されており、自社だけでは立て直しは難しいとされていたコインチェックは金融システム運用に関する実績のあるマネックスグループ傘下に入り、経営再建を目指す形となる。

新社長に就任すると報じられている同GのCOO勝屋氏は昨年までネット証券最大手「マネックス証券」の社長を務めるなどのキャリアがあり、経営立て直しには適任とされたようだ。 マネックスグループは次の経営柱としてブロックチェーン技術を用いた金融サービスなどに注力する方針のようだ。

会見は本日の16時より行われる

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

  2. コインベースへの苦情が殺到中

  3. FX国内大手、ビットコイン関連事業参入を計画へ

  4. フィリピンと日本の銀行提携、ブロックチェーンによる送金

  5. みずほ「Jコイン」実証実験開始

  6. 【PR記事】着々とプロジェクトを進行MINDOL

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]