ニュース

アメリカの暗号通貨税で相場下落か

アメリカ国内国歳入局は暗号通貨を財産・資産として扱っているため課税の対象となる。一時期は暗号通貨関連の税を納めていない問題が多発したが今回は違う。この納税の為に保有者が一部の暗号通貨を売り払うことで売りの勢いがつき、相場が下落する可能性があるということだ。2017年BTCの価格は13倍となり、暗号通貨高の市場だったため保有している個人だけでなく、取引所の納税額も相当なものだろう。アメリカ納税者の暗号通貨保有により支払わなければならない税は250億ドルとみられており、これを支払うために暗号通貨の売りが大量に行われたら市場に与える影響は相当だ。

アメリカの確定申告期限は4月17日のため、それが過ぎれば手放したものを取り戻そうと買いの勢いもつき市場の上昇へ向かうだろうと予測されている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. メタップスが韓国で取引所

  2. 国内初、マイニングマシン販売

  3. トランプ大統領が暗号通貨を配布⁈

  4. FinTechが貧困を救う。発展途上国への普及にゲイツ財団が一役。

  5. LINE、利益半減でも株価上昇

  6. Sコイン・MUFGコイン・Jコイン、独自通貨への動き

PAGE TOP

ニュース

CraigWright氏、BTCホワイトペーパーの著作権申請[BSVは急騰]

ニュース

暗号通貨に関する改正案、衆院通過[G20・対日審査]

ニュース

昨日(5/21)のニュースまとめ

ニュース

情報商材で得た利益申告せず、3.3億の申告漏れ[暗号通貨を悪用]

ニュース

Ripple社のロックアップに関する指摘[仕組みに対する誤解?]

ニュース

ソラミツ株式会社のKYCシステム、BCA採用[情報の共有]

ニュース

USDC,アメリカドル担保に関する監査結果を公表[十分な準備金が存在]

ニュース

昨日(5/20)のニュースまとめ