ニュース

コインリストの規制遵守サービスの資金調達920万ドル達成

アメリカのコインリスト社は規制の順守に重きを置いたトークンベースの金融サービス向けプラットフォームを提供する。ICOを通して資金調達するには複雑な実施方法やきせいがあり、企業や投資家には不親切な状況だ。そんな中現れた同社は研究開発会社プロトコルラボやベンチャーキャピタルのアコンプリスからの資金だけでなく暗号通貨ファンドからも資金調達し、920万ドルを調達した。

アメリカでICOを立ち上げるにはアメリカ証券取引所委員会(SEC)の適格投資家適用除外に登録するか、証券の売り出しとしてICOを登録する必要があるが、同社はこれに登録申請をしており、許可されればSECの統制のもとでICOを実施する初の会社となる。920万ドルもの資金調達した背景はICOをよく知り規制や対処についても安心して任せられるパートナーを誰もが欲していたためだろう。そういった必要性を考え、これからのブロックチェーン技術の発展などを考慮するとSECが申請を許可する可能性も低くはないのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 中国の取引所「BTCC」が閉鎖

  2. 本当の分散型取引所は存在するのか

  3. 中国格付け、EOSがETH抜いて1位

  4. ロンドンへ事務所開設発表[Houbi]

  5. Microsoft、著作権問題解決に動き出す

  6. RippleLabsのアジア太平洋地域での取り組み

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か