ニュース

コインリストの規制遵守サービスの資金調達920万ドル達成

アメリカのコインリスト社は規制の順守に重きを置いたトークンベースの金融サービス向けプラットフォームを提供する。ICOを通して資金調達するには複雑な実施方法やきせいがあり、企業や投資家には不親切な状況だ。そんな中現れた同社は研究開発会社プロトコルラボやベンチャーキャピタルのアコンプリスからの資金だけでなく暗号通貨ファンドからも資金調達し、920万ドルを調達した。

アメリカでICOを立ち上げるにはアメリカ証券取引所委員会(SEC)の適格投資家適用除外に登録するか、証券の売り出しとしてICOを登録する必要があるが、同社はこれに登録申請をしており、許可されればSECの統制のもとでICOを実施する初の会社となる。920万ドルもの資金調達した背景はICOをよく知り規制や対処についても安心して任せられるパートナーを誰もが欲していたためだろう。そういった必要性を考え、これからのブロックチェーン技術の発展などを考慮するとSECが申請を許可する可能性も低くはないのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. bitFlyer手数料UP、ビットコインに原因か

  2. テックビューロのmijinが世界88ヵ国で利用可能

  3. ブラジルの中央銀行がブロックチェーン研究

  4. コインチェックがイタリア地震の被災者にビットコインでの寄付を募集してい…

  5. 暗号資産保持者を狙った新たな詐欺

  6. BTC取引のシェア、90%から1%へ減少

PAGE TOP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ