ニュース

コインリストの規制遵守サービスの資金調達920万ドル達成

アメリカのコインリスト社は規制の順守に重きを置いたトークンベースの金融サービス向けプラットフォームを提供する。ICOを通して資金調達するには複雑な実施方法やきせいがあり、企業や投資家には不親切な状況だ。そんな中現れた同社は研究開発会社プロトコルラボやベンチャーキャピタルのアコンプリスからの資金だけでなく暗号通貨ファンドからも資金調達し、920万ドルを調達した。

アメリカでICOを立ち上げるにはアメリカ証券取引所委員会(SEC)の適格投資家適用除外に登録するか、証券の売り出しとしてICOを登録する必要があるが、同社はこれに登録申請をしており、許可されればSECの統制のもとでICOを実施する初の会社となる。920万ドルもの資金調達した背景はICOをよく知り規制や対処についても安心して任せられるパートナーを誰もが欲していたためだろう。そういった必要性を考え、これからのブロックチェーン技術の発展などを考慮するとSECが申請を許可する可能性も低くはないのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 富士通中央ヨーロッパのトップがIOTA財団に参加

  2. ビットコイン2018年は50以上のハードフォークか

  3. マウントゴックス元CEO清算後に残った資金に対して不満

  4. IBMが小規模企業向けの安価プラン開発

  5. ウィーペイCEO、仮想通貨での支払いの需要を感じない

  6. サンタンデール銀行とXRPが提携しアプリをリリース

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

モーニングスターで暗号通貨アプリリリース

ニュース

ケンブリッジ・アナティカが過去にICOを計画

ニュース

SBI、大手証券など35社がコンソーシアム発足

ニュース

ブロックチェーン技術がスイスの銀行に打撃を与える??

ニュース

韓国取引所インドネシアへ進出

ニュース

新しいBTC決済技術開発

ニュース

インドのICIC銀行250社にブロックチェーンプラットフォーム参加要求

ニュース

マイニング機窃盗犯脱獄