ニュース

中国石油大手が取引をブロックチェーンで監視

中国国有の石油企業、中国中化集団(シノケム)の子会社がブロックチェーン技術を使用して中国からシンガポールへのガソリン出荷を行った。ブロックチェーン技術は物流・海運の分野で幅広く行われており、世界初の国際的なものでは農産品取引が行われ、顧客が注文した製品を追跡し品質を保証する。

同社が行った取引では主要な取引参加者の全てがブロックチェーンアプリケーションを導入した商品取引では初めての事例となる。また、商品の品質保証の為に中国の小売り大手京東商城もブロックチェーン技術を導入する予定だ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

関連記事

  1. 「WannaCry」の首謀者が奪った身代金遂に引き出された

  2. 政府、キャッシュレス決済で5%還元[キャッシュレス促進なるか]

  3. 投資を安全に行うために気を付けていくこと[初心者向け]

  4. LINEPay、20%還元キャンペーン!![国内のスマホ決済]

  5. 国内のビットコインキャッシュでの決済可能店【BCH】

  6. 約1300%のリターンICO首謀者の資産を凍結

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]