ニュース

コインチェックに対し新たな集団訴訟

今年1月26日に約580億円相当の暗号資産ネムがハッキングされた取引所コインチェックに対し、新たな集団訴訟が提起されたが、ネム不正流失事件をめぐる集団訴訟は今回が初めてではない。

事件後ネム以外の資産についても取引停止をしたコインチェックだが、顧客は資産の移転を同業者に指示していた。それにも関わらず、同社は実行せずその後暗号資産は暴落、損失が拡大したため、事件発生時点から各通貨が出金可能になった時点での差額を損害賠償として請求する。また、同社に指示を出さなかった顧客については事件発生時から実際に出金した時点での差額を要求する。 コインチェックは3月12日から順次ETH/ETC/XRP/LTC/BTC/BCHの出金売却を再開すると発表した。コインチェックに金融庁の認可は降りるのだろうか。

コインチェックの発表はこちら 

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術で極小コンピュータ開発

  2. 価格急騰中のXLMとは?

  3. 中国政府オンラインのねずみ講を取締強化

  4. 韓国大統領府「仮想通貨取引を禁止する予定無し」

  5. サッカープレイヤーの移籍金にビットコイン

  6. 暗号通貨に関するまとめを金融広報中央委員会が発表

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?