ニュース

コインチェックに対し新たな集団訴訟

今年1月26日に約580億円相当の暗号資産ネムがハッキングされた取引所コインチェックに対し、新たな集団訴訟が提起されたが、ネム不正流失事件をめぐる集団訴訟は今回が初めてではない。

事件後ネム以外の資産についても取引停止をしたコインチェックだが、顧客は資産の移転を同業者に指示していた。それにも関わらず、同社は実行せずその後暗号資産は暴落、損失が拡大したため、事件発生時点から各通貨が出金可能になった時点での差額を損害賠償として請求する。また、同社に指示を出さなかった顧客については事件発生時から実際に出金した時点での差額を要求する。 コインチェックは3月12日から順次ETH/ETC/XRP/LTC/BTC/BCHの出金売却を再開すると発表した。コインチェックに金融庁の認可は降りるのだろうか。

コインチェックの発表はこちら 

 

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

  2. カナダの取引所に拳銃強盗

  3. 世界、証券のトークン化へ進む

  4. 昨日(11/17)のニュースまとめ

  5. コロンビア、暗号通貨・ブロックチェーンの成長促進狙う

  6. 【なぜ?】ビットコイン価格が安値から反発した理由

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]