ニュース

韓国、暗号資産課税枠組み・規制を発表

韓国が暗号資産の課税枠組みを6月までに発表するということがわかった。韓国国税庁は暗号資産に対する課税の各国での実例を検討し、アメリカ・日本・ドイツ・イギリスなどに職員を派遣し、暗号資産関連の様々な課税の枠組みを調べている。

この課税は具体的な期限は決まっていないものの、来年までは実際に課せられることはないとの見方をしている。また、暗号資産に禁止や抑制などの規制を行わないとしていた同国だが、6月13日に行われる選挙後、またはその後に行われる6月14日のG20の会議で全面的な暗号資産規制に乗り出す方針のようである。規制の内容は定かではないが、暗号資産を支払方法として導入しているところを見る限り、あまり厳しい規制はなさそうである。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 国内取引所 Bitgate

  2. 暗号通貨カフェ&バー、大阪でオープン

  3. 【速報】ユーログループ、来週仮想通貨規制に関して協議へ

  4. 韓国取引所インドネシアへ進出

  5. ドイツの銀行で初の暗号通貨取引

  6. マイニングためにジャンボジェット機をチャーターしてしまう!?

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か