ニュース

韓国、ハッキング被害の保険金支払われない問題

暗号資産の人気が根強い韓国では4人に1人が「暗号資産に投資したい」と考えているが、その韓国の暗号資産の取引所ユービットの運営会社ヤピアンはハッキング攻撃の被害を受けたとして請求していた2800万ドル(総資産の17%)の保険金の支払いを拒否されたことが明らかになった。

この攻撃は昨年12月と4月の二度にわたって行われ、いずれも北朝鮮のハッカーによるものだとされている。ヤピアンが契約していた保険会社DB保険は、保険金を支払わない理由を「保険契約の締結前にユービット側が適切な情報開示を行わなかったため」としている。一方でユービットは契約内容を保護にするための言い訳だとみている。保険金が支払われないのも問題だが、ハッカーに2度も攻撃されてしまったそのセキュリティも問題があるように思われる。

関連記事

  1. 熊本でマイニング工場稼働

  2. 暗号通貨が証券取引所で取引可能に[インドネシア]

  3. ポルトガルでビットコイン投資に課税の流れ

  4. 暗号通貨・ブロックチェーン企業限定の合同説明会[福岡市の後援決定]

  5. 1週間(5/20~26)のニュースまとめ

  6. Ripple社のロックアップに関する指摘[仕組みに対する誤解?]

PAGE TOP

ニュース

デジタル通貨に動く世界[自然災害の多い日本・システム]

ニュース

ソフトバンク向け融資、検討[メガバンク]

ニュース

ブロックチェーン技術特許、中国が他国に大差つけトップ

ニュース

ウクライナ、税制引下げ法案の草案提出[税制見直しの動き]

ニュース

GateHub等でハッキング被害、個人情報流出[対策]

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

野村ホールディングスとNRIの合弁会社、デジタルプラットフォーム[ibet]公開…

ニュース

サービス提供を行っていない仮想通貨交換業者一覧