ニュース

米リップル、ブロックチェーンの業界団体ハイパーレッジャーに加盟

米リップルは28日、ブロックチェーン技術を法人利用向けに開発する業界団体「ハイパーレッジャー(Hyperledger)」への加盟を発表した。ハイパーレッジャーは、リナックス(Linux OS)の普及をサポートする共同事業体、リナックス財団(Linux Foundation)が中心となり、2015年に立ち上げた団体で、現在231の組織が加盟している。

同団体への加盟を受け、法人向けインターレッジャー・プロトコル(ILP)の提供を開始するという。

ILPとは、異なる規格の台帳を繋いで送金を行うための規格で、同社が提供する即時国際送金サービス「xCurrent」にも利用されている。従来はJava Scriptでしか動作しなかったが、同社は2017年にNTTデータ<9613>と協力し、Javaで動作するようプロトコルを改変していた。改変したプロトコルは、「ハイパーレッジャー・キルト(Hyperledger Quilt)」という名で同団体に提供したという。

ハイパーレッジャーには米IBMや米インテルなどIT大手も参加している。同団体内ではIBMが主導するハイパレッジャー・ファブリック(Hyperledger fabric)を筆頭に、様々なプロジェクトの開発が進められている。大手企業が数多く所属する同団体への加盟やプロトコル提供を受け、仮想通貨業界でのリップルの位置づけが一層高まる展開にもつながろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仮想通貨にいよいよイギリス政府動く

  2. サンロフト、独自暗号通貨で社員交流

  3. インドではビットコインは法定通貨としない

  4. Google、ブロックチェーン企業と提携

  5. Binance.com,取引再開、システムをアップグレード後

  6. ビットコインキャッシュプラス

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]