ニュース

仮想通貨みなし業者、さらに2社が撤退

金融庁から業務改善命令を受けていたミスターエクスチェンジと東京ゲートウェイが登録申請の取り下げを申し出たことが伝わっている。2社はこのほど、顧客から預かる仮想通貨及び現金返還の手続きなどが完了次第、交換業から撤退するという。

これまで既にみなし業者3社が、金融庁に対して登録申請を取り下げており、今回の2社を加えると、計5社が撤退する格好となっている。1月下旬に起きた国内大手仮想通貨取引所コインチェックの不正アクセス事件以来、金融庁による体制整備への監視も厳しくなっており、情報セキュリティーや利用者保護などの内部体制が不十分な業者の淘汰が進んでいる。こういった規制や監視強化の流れは、中期的には仮想通貨の正しい取引や顧客保護の環境整備の構築を促進するだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ビットコイン大幅に下落、中国当局の規制が引き金か。

  2. ビットコイン価格「回復傾向」か

  3. 大手取引所BTCC、レバレッジ20倍の取引環境提供へ

  4. スペインの銀行が他国間ブロックチェーンでの取引に成功

  5. バイナンス、ユーロでの取引導入か

  6. Bitfinexが取引を再開、BFXトークンの発行で損失を補てんへ。

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]