ニュース

仮想通貨みなし業者、さらに2社が撤退

金融庁から業務改善命令を受けていたミスターエクスチェンジと東京ゲートウェイが登録申請の取り下げを申し出たことが伝わっている。2社はこのほど、顧客から預かる仮想通貨及び現金返還の手続きなどが完了次第、交換業から撤退するという。

これまで既にみなし業者3社が、金融庁に対して登録申請を取り下げており、今回の2社を加えると、計5社が撤退する格好となっている。1月下旬に起きた国内大手仮想通貨取引所コインチェックの不正アクセス事件以来、金融庁による体制整備への監視も厳しくなっており、情報セキュリティーや利用者保護などの内部体制が不十分な業者の淘汰が進んでいる。こういった規制や監視強化の流れは、中期的には仮想通貨の正しい取引や顧客保護の環境整備の構築を促進するだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ネットバンクのSwissquote銀行が新サービス

  2. Ripple、金融機関とブロックチェーンを繋ぐ技術を発表

  3. 分散型取引所創設者の責任

  4. 暗号通貨の分類と規制

  5. Ripple社、CoinbaseにXRPの上場依頼

  6. 暗号通貨は決済手段として普及するのか

PAGE TOP

ニュース

Ripple社、オーストラリア国立大学へ1億円もの寄付

ニュース

Zaifに送金したが反映されないし返金もされない[なんでも相談室]

ニュース

0.1ETHの送金に2,100ETHもの手数料[コミュニティのためか資金洗浄のた…

ニュース

OKEx、XRPとBCH上場[NEO・QTUM・XUCは上場廃止]

ニュース

Euro Exim Bank、既にxRapidを利用した国際送金サービス提供

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!