ニュース

仮想通貨を資本の一部に組み込んだ共同出資会社が誕生

仮想通貨関連事業を手掛けるスマートコントラクトシステムズが、金融システム開発のシンプレクスと5月に設立する共同出資会社に対して、仮想通貨イーサリアム(ETH)を現物出資することが明らかとなっている。この仮想通貨を資本金の一部に組み込んだ共同出資会社は、仮想通貨取引の価格の透明性を高める仕組みづくりを担ってくという。

会社法上では、金銭以外の財産(不動産や有価証券など)の現物出資は認められているものの、今回のような仮想通貨を使うケースは極めて稀である。

足元では、米JPモルガン・チェースやマイクロソフトのほか、トヨタ自動車<7203>子会社や三菱UFJ<8306>グループなどが企業連合を立ち上げており、ETH活用による企業間取引などの応用を目指す技術開発を進めている。

ETHは、スマートコントラクト(契約執行の自動化)によって非中央集権型・分散型アプリケーションを作成するためのプラットフォームであることが特徴であり、今後様々な企業や団体による同プラットフォームの活用が期待される。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. SBI,本格的に動き出す

  2. モスクワでブロックチェーン導入

  3. 全面安をどう見る?ゴールドマンサックスの見解

  4. IMF・世界銀行、共同でブロックチェーン技術の研究へ

  5. Facebook、広告を認可制にして健全化

  6. EUで暗号通貨の犯罪に罰金を検討

PAGE TOP

ニュース

SendFriend、xRapidを導入したサービス開始

ニュース

1週間(6/17~6/24)の国内ニュースまとめ

ニュース

プロジェクト[Libra]の3つの特徴と問題点

ニュース

アメリカ、FATFガイダンスに合わせた動き

ニュース

昨日(6/22)のニュースまとめ

ニュース

G7での暗号通貨規制に関する対策チーム設立[FATF・Libra]

ニュース

FATF、暗号通貨ガイダンス発表[実現性に疑問の声]

ニュース

金融庁、ガイドライン改正案公表[ICOへの対応]