ニュース

仮想通貨取引所ビットフィネックス、新たな通貨ペア追加

仮想通貨取引所ビットフィネックスは、新たな通貨ペアを加えるとブログポストで発表した。フィアット(Fiat)、法定通貨の受け入れを、日本円、英国ポンドなどを加えて拡大する。通貨ペアの増加で利便性が増すほか、アルトコイントレーダーの手数料削減につながるとした。

NEO、ETH、EOX、IOTAの取引で、従来受け付けていたのはドルまたは、ビットコインBTCのみだった。今後は、英国や日本のトレーダーも、こういった通貨の取引に参加が可能になる。

追加ペアは以下の通り:
•ビットコイン(BTC) BTC/JPY & BTC/GBP
•イーサ(ETH) ETH/EUR, ETH/JPY & ETH/GBP
•ネオ(NEO) NEO/EUR, NEO/JPY & NEO/GBP
•イオス(EOS) EOS/EUR, EOS/JPY & EOS/GBP
•イオタ(IOTA)IOTA/JPY & IOTA/GBP

ただ、モネロ(XMR)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)といった通貨の取引は当面、ドルとBTCのみにとどまるようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. [初心者向け]ブロックチェーン技術と分散型台帳技術

  2. ステーブルコインEURSの取り扱い開始[HitBTC]

  3. 中国政府、ICOの殲滅の動き

  4. 脱税対策にブロックチェーン技術とAI

  5. Coinbase、ERC-20トークンの扱い可能に

  6. VISAの元CEO、ブロックチェーン企業CEO就任

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]