ニュース

仮想通貨交換業者の撤退続く

コインチェックでの巨額の通貨流失事件が起きてから、金融庁は事業所にセキュリティ対策・体制整備の基準を厳しく見直し、各事業所に求めてきた。

それにより、みなし業者のような金融庁の要求する基準に仕組みを変えられない事業所は相次いで交換業から手を引くこととなっている。コインの森が当初インタビューをしていたMr,Rippleが新しくなって運営しているMr,Exchangeも撤退と報道されており、とても残念だ。

利用者保護の仕組みを設けられない業者撤退はこれまでで5社になるが、これにより利用者が信頼して利用できる取引所の選択はしやすくなるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

関連記事

  1. NY証券取引所はETFに消極的か?

  2. 業務改善命令を受けて、役員辞任

  3. Tetherの利用規約が変更

  4. PoWとは?

  5. 取引所のセキュリティ対策

  6. チャレンジャー・グレイ&クリスマス、将来はBTCでの給与支払…

PAGE TOP

ニュース

取り締まり強化に動くSEC,規制緩和に動く議員

ニュース

BitGo、OTC業者と提携[機関投資家への流動性]

ニュース

Binance、欧州市場へ[サポート地域に日本の名称]

ニュース

昨日(1/17)のニュースまとめ

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入