ニュース

仮想通貨交換業者の撤退続く

コインチェックでの巨額の通貨流失事件が起きてから、金融庁は事業所にセキュリティ対策・体制整備の基準を厳しく見直し、各事業所に求めてきた。

それにより、みなし業者のような金融庁の要求する基準に仕組みを変えられない事業所は相次いで交換業から手を引くこととなっている。コインの森が当初インタビューをしていたMr,Rippleが新しくなって運営しているMr,Exchangeも撤退と報道されており、とても残念だ。

利用者保護の仕組みを設けられない業者撤退はこれまでで5社になるが、これにより利用者が信頼して利用できる取引所の選択はしやすくなるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

関連記事

  1. ブロックチェーン技術がスイスの銀行に打撃を与える??

  2. インド税務当局が仮想通貨ユーザーに課税通知書を送付

  3. 韓国の規制状況

  4. カルダノ・エイダコイン(ADA)とは

  5. ブロックチェーンで綿花が取引される。

  6. 暗号通貨の不正利用撲滅技術

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]