ニュース

仮想通貨交換業者の撤退続く

コインチェックでの巨額の通貨流失事件が起きてから、金融庁は事業所にセキュリティ対策・体制整備の基準を厳しく見直し、各事業所に求めてきた。

それにより、みなし業者のような金融庁の要求する基準に仕組みを変えられない事業所は相次いで交換業から手を引くこととなっている。コインの森が当初インタビューをしていたMr,Rippleが新しくなって運営しているMr,Exchangeも撤退と報道されており、とても残念だ。

利用者保護の仕組みを設けられない業者撤退はこれまでで5社になるが、これにより利用者が信頼して利用できる取引所の選択はしやすくなるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

関連記事

  1. 国内取引所coincheck、成行注文のAPIを公開

  2. ロシア暗号通貨規制法案の内容

  3. Zaif、新規登録者キャンペーン()

  4. 仮想通貨ブーム鎮静化の兆しなし、米有名大が新講座開設へ

  5. カナダの規制当局、ブロックチェーンETFを承認

  6. ブロックチェーンが行政サービスに与える影響について

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備

ニュース

議員の差別発言、なかったことに?[発言まとめ]

ニュース

ブロックチェーン技術導入検討[タイ中銀]

ニュース

カウンターパーティーリスクとは?